プラセンタサプリメントの原料による長所

プラセンタは、中国の皇帝が不老長寿の秘薬として使用していた事がわかっているように、非常に古い時代から貴重な妙薬として珍重されていた歴史を持っています。胎盤という生命の誕生の場面でのみ必要な部位には神秘的な能力が秘められているというイメージを持っていたのかもしれません。胎盤を食べるという行為は、自然界では普通に行われています。出産後に消耗した体力を回復するために行われるという説が一般的です。しかし人間がそれを行うということに対しては、倫理的な問題が生じると感じる人もいるために、プラセンタのサプリメントには、動物の胎盤を原料としています。一般的に最も多く使用されているのが、豚の胎盤を原料とした豚プラセンタです。豚はとても清潔好きで知能が高いために、厳重な管理での飼育が可能となっています。安全面での信頼度が高いということが特徴であり、年に複数回出産することからコスト面においても優れています。豚と共に羊のプラセンタも安定した人気を集めています。羊の胎盤は人間の胎盤と良く似た構造となっていることから、親和性が高く吸収力が良いと言われています。羊は大変健康な動物であり病気を全くしないとも言われています。このようなことが安全性においての高い信頼度につながっています。最近最も注目を集めているのが、サラブレッドの胎盤から有効な成分を抽出した馬プラセンタです。栄養価が非常に高いことが知られており、アミノ酸の含有量は豚プラセンタの数百倍にも上ります。

コメントを残す

(required)

There aren't any comments at the moment, be the first to start the discussion!